私もあなたと同じように、
「企業研修はムダ」と思っていました。
ここで紹介するノウハウを知るまでは・・・

多くの企業で、社員向けの研修が行なわれています。しかし、研修を取り仕切っている担当者の意見を聞いていると、意外にも効果に懐疑的で、もっといえばそもそも効果など期待していない、というケースも少なくありません。
「とりあえず前例を踏襲してやっている」、「上長からの指示で研修業務をこなしている」というような担当者も少なくありません。

効果アップする企業研修のノウハウ紹介企業研修は本当に効果がないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。
「でも、うちは結構有名な研修講師に高い予算を付けてお願いしているが、あまり効果は見られないようだ・・・」という方がいらっしゃれば、それは、「講師に全て、任せていること」が原因の可能性があります。企業研修というのは、講師以上に「企業の研修担当者」に適切な知識が求められます。どんなに切れる刃物があっても、使う側の技術が低ければ完全に使いこなすことができないのと同じことです。

大手企業では、研修担当者が早いスパンで異動してしまうケースが多く見られ、社内に研修ノウハウが蓄積されていないという傾向が目立ちます。その結果、前任者と同じことを繰り返すしか術がなく、本来可能であるはずの効果的な研修を行うことができない、というジレンマに陥ることになります。そして、その矛先は本質とは別のところの向かっていくことになります。社員に対して「うちの社員はモチベーションが低い」とか、講師に対して「教え方が雑である」といった具合に責任転嫁をし続ける。これでは、企業研修によって効果を得るなど到底できはしません。

そんな状況を散々見てきた現役の企業研修講師が 、効果を最大に発揮させる企業研修ノウハウを公開することにしました。本来、正確な知識を持ってさえいれば、企業研修は必ず成功させることができます。是非、参考にしてください。

企業研修を研修会社に依頼する時のポイント

通常、企業研修は研修専門会社やフリーの研修講師に依頼することになります。自社の社員が講師として指導する、いわゆるOJTにこだわる担当者も多いのですが、外部講師に依頼する場合にはまた違った役割や立ち位置で研修を行う事が可能となります。内部講師と外部講師の違いも含めて説明をしていきますが、外部に研修講師を依頼する場合には3つの比較ポイントがあります。

それは、研修会社の種類(どのような研修会社があるのか)、企業研修の費用(社員研修を実施するのにいくらかかるのか)、研修会社選定基準(何を基準に研修会社・プランを決定するのか)、です。また、研修会社および実施プログラムが決定してから研修実施までの流れも解説しておきますので参考にしてください。

たった1度の企業研修で効果を上げる方法

効果の高い企業研修を行うためには、実はノウハウがあるのです。

難しいことではないのですが、これを抜きにして研修を行ってたとしても、あまり成果は期待できないと考えています。実際に成功事例を紹介しながら、どのように研修を行うのが良いのかをまとめたレポートを「ノウハウ集」として公開しています。

新入社員を戦力化し辞めさせない方法

せっかく採用したのに、気付いた時にはポロポロと新入社員が辞めていく・・・採用しては辞め、辞めては採用するの繰り返しで、困っている人事担当者が多いようです。

さまざまな企業の新入社員育成に関与するなかで、新入社員を戦力化し、かつ、辞めさせない仕組みが分かってきました。新入社員の育成に関与している担当者には衝撃のレポートを公開しています。

効果を上げる研修メソッド

人事担当者必見のレポート
 

新入社員を辞めさせない技術

新入社員が辞める理由を詳細解説
 
Page top icon